栃木県佐野市の地域密着住宅会社 関東現場環境CSコンテスト2017 施工品質部門入賞 お気軽にご相談ください フリーダイヤル:0120-304-626 ISO9001

ふたつの家族が楽しく暮らすための上手な住まいづくり!

りんじろうビルダーがつくる二世帯住宅「3つのポイント」

ポイント1 気苦労せずにのびのび暮らす間取りの工夫

プライバシーを守るゾーニング

ゾーニング (共用ゾーン / 親世帯ゾーン / 子世帯ゾーン)

住んでみたら頻繁に顔を合わせて気まずい。といった事態は避けたいですよね。
プランニング段階で親世帯と子世帯の生活空間と共有ゾーンをしっかり分けて計画することが大切です。

上下階の寝室は同じ位置に

ポイント1: 寝室

早寝早起きの親世帯と夜更かしが多い子世帯では、生活時間が異なります。
1階と2階の寝室を同じ位置にすれば、物音で目が覚めることもありません。

両世帯の動線は交わらずに

ポイント1: 動線

深夜の帰宅でも玄関から直接2階へアクセスができる。親世帯のリビングを通らずに共用のお風呂に行けるなど、両世帯の動線が重ならないように配慮することがポイントです。

住んで実感防音対策

ポイント1: 防音対策

生活の時間帯が異なると、トイレの音やリビング、寝室の物音が階下に響きがちです。住んでからの満足度を高めるためにも、しっかり防音対策をしましょう。

ポイント2 時には自由に気ままを楽しむことも大切

ひとりの時間を愉しむ書斎

ポイント2: 1人の時間

親世帯と子世帯が多くの生活空間を共有する二世帯住宅では、ひとりの時間を過ごせる場がとっても重要に。特に妻の両親と同居するパパの場合、専用書斎があれば喜ばれます。

それぞれの人付き合いも大切に

ポイント2: 人付き合い

玄関から直接和室に入れたり、テラスから直接リビングを訪れたりできれば、夫婦それぞれの来客を気軽に招くことができます。リビングに集まる家族を気にしないで済みます。

専用の洗面室でゆったり身支度

ポイント2: 専用洗面室

親世帯と子世帯のそれぞれにトイレを設置。お風呂は共用でもそれぞれにトイレと洗面室を併設すれば、朝の身支度や来客時にも気をつかわずに便利です。

光熱費の分担で明朗会計

ポイント2: 光熱費分担

別々に暮らすより、二世帯住宅で暮らす方が光熱費がグンとお得になります。
世帯ごとにメーターを設置すれば、それぞれの使用料が明確になり、費用を分担しやすくなります。

ポイント3 将来に備えつつ今も快適に過ごすいろんな対策

親世帯には引戸を採用

ポイント3: 親世帯

親世帯ゾーンには開閉動作にムダが少なく、身体への負担の少ない引戸の採用がおすすめ。
将来、車イスの生活になったときも、ラクに行き来をすることができます。

上下階の移動にエレベーター

ポイント3: エレベーター

ホームエレベーターがあれば、車イスでの移動はもちろん、現在の生活もしっかりサポート。買い物の荷物や洗濯物の移動などがラクになります。
※オプション工事となります

将来に備えた寝室プラン

ポイント3: 将来の備え

親世帯の寝室は将来の介護を想定して、余裕のある広めのスペースを確保。介護リフォームも見込んで、寝室からトイレまでの動線は短くしておきましょう。

将来の空きスペースも大活躍

ポイント3: 空きスペース

子供の独立で空いた部屋を夫婦のそれぞれの趣味スペースに活用するなど、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるフリーウォールがおすすめです。

りんじろうビルダーの二世帯プラン

【玄関兼用プランの一例】

玄関兼用プラン: 総計: 29,797,934円

  • カップボード・エアコン9台・カーテン工事までこみの価格です。
  • ただし土地代、外構工事、借入の為の諸経費等は別途になります。
  • 太陽光はオプション工事となり、上記金額には含まれておりません。

建築本体工事面積

玄関兼用プラン: 工事面積合計 185.89平方m(56.22坪)

玄関兼用プラン: 間取り

【完全分離プランの一例】

完全分離プラン: 総計: 30,896,953円

  • カップボード・エアコン9台・カーテン工事までこみの価格です。
  • ただし土地代、外構工事、借入の為の諸経費等は別途になります。

建築本体工事面積

工事面積合計 191.16平方m(57.81坪)

完全分離プラン: 間取り