スタッフブログ

時の流れは早いです・・・

2020.3.2

こんにちは広報担当です!( `ー´)ノ

私はいま社会人7年目ですが、ここ最近の1年はF1の速さで過ぎ去ったと感じます(笑)

前よりも時間経つの早くなったなぁって感じるんですよね。

気になって調べてみたらなんかスゲェ焦ってきたんで皆さんにも一緒に

焦ってもらおうと思いました(笑)

 

「時間が早く感じる原因として」

①同じことを繰り返してると速く感じられる

僕の体感なんですが、1週間毎日同じ職場で同じ仕事して同じ時間に寝て・・を繰り返してると

1週間が一瞬で終わるんですよね。

しかも振り返った時に、その1週間具体的に何をしたか全然思い出せない。(物忘れかな…)

これもなんか原因があるのかな、と調べてみたら、脳科学で実際に証明されてました。

(科学ってすごいですね)

要は同じことを繰り返すと、脳が「また同じ情報!上書きします!」みたいなことを脳が

処理してしまうそうです。

説明すると大変なので、詳しいことは調べてみてください。

②心拍数の減少

心拍数は時間の感じ方に関係するらしく、心拍数が多いときほど時間を遅く感じ、心拍数が減少するほど

時間を速く感じる。

子どもの頃は心拍数が多いから時間を長く感じられたのかもしれません。あと好きな人と一緒に

いるときとかはリラックスしてて速く時間が過ぎてしまう。

 

「時間の流れが早いと感じる人の特徴」

2つの理由から、時間の流れが早くなる人の特徴を考えてみました。

毎日同じ時間に起床、職場に行き、いつもの仕事をこなしアフター5も特に楽しむことなくスマホを

眺めてテレビを観て「明日も仕事だから寝るか」といって1日を終えるそこのあなたです。

(そして僕も…)

「これ防ぐには」

①ダラダラ行動しない

心拍数が減少すると行動ものんびりになる気がします。だからテキパキ動いてみる。

家に帰ってソファに転がり込む前に掃除したり趣味に時間を使ってみる。

②新しいことをやってみる

上記の3つの理由を考えると、脳が新しい情報を受け取るほど、時間を

長く捉えるようになるので

仕事はしょうがないとしても、アフター5だけでも新しいことに目を向けてみよう。

「明日も仕事あるし疲れるのヤダなぁ~」とか思ってる人は光の速さで

おじいちゃん、おばあちゃんになっちゃいますよ!

やる前から「疲れそう」とか無駄に前提決めるから疲れるんですよ!!

ワクワクすることだけを考えてください。疲れよりも爽快さが勝ちますよ。

そもそもやりたくない仕事をダラダラこなして歳をとるくらいなら、趣味を見つけてみるとか、

何かしらアクションを起こした方が絶対にいいです。

毎日だらだら過ごして気づけば老後になって、「わたしの人生なんだったんだ」って

思うような人生にだけはしないでくださいね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。