スタッフブログ

住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額について

2019.11.26

👑住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額について

 

🏠内容

昭和57年1月1日以前に建築された住宅に、現行の耐震基準に適合させるための改修工事(工事費50万円以上)を行った場合、当該住宅に係る固定資産税(120平方メートル相当分)について次のとおり減額します。

平成32年3月31日までに耐震改修が完了した住宅
・・・・・1年間2分の1が減額(認定長期優良住宅の場合は1年間3分の2が減額)(※)
(※)要安全確認沿道建築物に該当する住宅は2年間

【申告】
軽減措置の適用を受けるためには、地方公共団体・建築士・登録住宅性能評価機関・指定確認検査機関が発行する現行基準に該当する工事であることの証明書と改修に要した費用を証する書類(領収書等)を添付して、市に改修後3ヶ月以内に申告して下さい(認定長期優良住宅の場合は、長期優良住宅の認定通知書の写しも必要です)。

 

 

上記は栃木県 佐野市 の内容ではありますが、

その他の地域でも補助金ある場合もありますので

お気軽にご相談下さい。